今よりもっと手帳を開くのが楽しくなる!手帳を開く度に癒される簡単な方法

手帳関連グッズ

今よりもっと手帳を開くのが楽しくなるハズ!手帳タイムをより気分良く過ごせる簡単アイディアをご紹介します!

スポンサーリンク

使うのは付箋1枚と好きなアロマ(香り)

私は仕事柄、香りには少しこだわりがありますし、365daysnoteと同じくらい常に香りと共に生活していると言っても過言ではありません。


手帳を開く度に香りを感じたくて、以前は直接ページに精油(エッセンシャルオイル)を滴下していました。

ただ、その場合だとページ自体がふやけてしまったり精油の種類によっては色がついてしまったりすることがほんの少しだけストレス。

せっかく大好きな香りを感じたいのに、それがストレスになってしまっては元も子もないですよね。

そこで私は付箋に香り付けすることにしました。

ただし、ここで使う付箋にもちょっとだけ気を遣うといいかもしれません。

黒の付箋だと色付きのアロマでも気にならない

例えば柑橘系などの精油は黄色のものがあったり、お花系のアブソリュートなどは茶色っぽかったりなど、種類によっては色が付いている精油があります。(着色しているのではなく自然の色です)

もちろん普通の付箋でも問題はありません。

ですが、滴下するとまだらなシミのように色がついてしまうことがほとんどです。

あまり見栄えがいいとは言えないので、私は色が目立たない黒の付箋を使うようにしています。

サイズや形はお好みでいいと思いますが・・・ちなみに私は2.5×7.5(cm)のものを使用しています。

気分によって、また季節によって簡単に香りを変えられる

私は昨年の秋くらいから『金木犀』の精油を未だにずっと使用しています。

冬になったら冬っぽい香りにしよう!と思っていたのですが、思いの外この香りが心地よくて手帳を開く度に穏やかな気持になっています(笑)

香りをチェンジしたければ、新しい付箋に変えて精油を滴下するといいでしょう。

ちなみに滴数ですが、香りの強さにもよりますが、1滴から試してみて最高でも3滴程度に抑えた方がいいかと思います。

香りが薄く感じるようになったら、また1滴滴下するといった具合に。

一度にたくさん滴下しないように!

香水でも大丈夫?

もちろん、お好みの香りなら香水などでもいいと思います。

ただし、精油や香水など種類を問わず、香りを使う場合は周りに気を配ることは大切だと思います。

どこに貼るといい?

これはお好みです。

私は表紙の裏(表紙開いてすぐ)に貼っています。

貼り方もお好みでどうぞ。あまり神経質にならず、その時の雰囲気で。

注意して欲しいこと

自分が好きな香りは全ての人が好きだとは限りません。

今回の方法は、基本的には手帳を取り出したり開いたりした時にふわりと香る程度ではありますが、カフェなどで手帳時間を楽しむ方は、周りの方に気を配ることもお忘れなく!!

また、精油(エッセンシャルオイル)は基本的に動物にはあまりおすすめしません。

特に猫ちゃんにとって精油は毒となることもありますので、猫ちゃんの前では使用しないように注意してください。

言うまでもありませんが、小さいお子様がいる場合も精油などの取り扱いには十分お気をつけくださいね。

手帳タイムをより気分良く使うアイディアでした!

私の相棒365デイズノート

シンプルで自由度の高い『365デイズノート』は手帳ジプシーだった私をすっかり変えて今ではなくてはならない存在『相棒』となりました。

Amazonでチェック

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました