365デイズノート活用法|私のゆるバレットジャーナル

バレットジャーナル

こんにちは、saiです。

いつもご覧いただきありがとうございます。

私はバレットジャーナルという手帳術をベースとして365デイズノートを活用しています。

バレットジャーナルについては色んな方が詳しく説明されていますので、ここでの詳しい説明は割愛しますが、手帳ジプシー&面倒くさがり屋の私が365デイズノートに落ち着くきっかけとなったバレットジャーナルの私なりのゆるい活用法をまとめてみました。

スポンサーリンク

バレットジャーナルを詳しく知るには

私はこちらをベースに自分なりのゆるバレットジャーナルを楽しんでいます。詳しく知りたい方はぜひ公式ブックをご一読ください。オススメです!!

Amazonでチェック

私なりのルール

とにかく面倒なことが嫌なので、私なりに以下の考えをもとにバレットジャーナルを活用しています。

  1. 公式を基本ベースにしつつ
  2. 飽きたらすぐにフォームを変え
  3. 映えは無視して
  4. 無理なくゆるく

使っていく

という自分なりのルールです。

一つずつご説明していきます。

1.公式を基本ベース(取り入れているページ)

私が取り入れているページ(フォーム)はこちら。

  • INDEX
  • フューチャーログ
  • マンスリーログ
  • デイリー(ウィークリー)ログ
  • コレクションページ
    ◎コーピングリスト
    ◎ブックリスト(読みたい・読んだ本)
    ◎ムービーリスト(観たい・観た映画)
    ◎欲しいものリスト

2.飽きたらすぐにフォームを変える

公式さんのフォーマットをベースにしつつ自分なりに少しずつ変えながら使っていますが、なんとなくしっくりこないとか合わないと思ったらすぐにフォーマットを変るようにしています。

バレットジャーナルのいいところは、いつでもフォーマットを変えることができること。

しかも自分が使いやすいように明日から(いや、何なら今日から)新しいページに自分に合ったフォーマットで始めることができるんです。

一度使ったフォーマットに手を加えて変更したり全く違う形に変えたり・・・と紆余曲折しながら私の365デイズノートは今もなお発展途上中です。

自分自身が使いやすいように手帳を育てていっているという感覚がとても楽しいし、それを助けてくれているのは365デイズノートのシンプルさのおかげだと思っています。

3.映えは無視して

私は色んな方の手帳を見るのが好きです。

そんな巷に溢れる素敵な手帳に憧れて、最初は素敵にデコって楽しむんだ!と思っていたのですが、どうやら私にはそもそもそれが間違いだったようです。

  • あれやこれや切り貼りして分厚くなるとすごく使いづらくてストレス
  • 絵心なくて描いたイラストが下手すぎてストレス
  • 細かく枠組みを作ったりするのがストレス
  • 自分もインスタに素敵写真を載せようとしていつのまにかそのための手帳を作っていたことにストレス

と、ストレス溜まってしばらくバレットジャーナルから遠ざかっていました。

素敵にデコるのは人様のを見るだけで十分!
自分には無理で、無理なことをやろうとするから続かない!!

それに気づきました、私。

仕事じゃないんだから、下手に無理する必要もない。デコらなくたって手帳時間は楽しめるし死にゃーしないんです(←究極な話)

ということで、手帳に関しては自分に甘くゆるくやることに決めました。

4.無理なくゆるく

1.公式を基本ベース(取り入れているページ)を見ればわかる通り、私はハビットトラッカーは作っていません。

ハビットトラッカーとは自分の習慣にしたいことを毎日チェックしていくもののことです。

例えば

  • 勉強
  • 運動
  • 食事
  • 貯金

などなど・・・自分自身が毎日続けていくためのモチベーションアップにも繋がるように、シールやマーカーなどを付けて記録していきます。

ですが、私はそういうのが面倒くさいww

「毎日続けるために、毎日自分でチェックするための記録を作る」というのが本当に性に合わなかった。(何度かトライしたんですよ)

ハビットトラッカーを否定しているのではなく、私自身が本当に面倒くさがり屋の根性無しだということです。

私の基本ルール『4.無理なくゆるく』を守るには、ハビットトラッカーは今のところ私には出番がありませんが、ひょっとしたらいつか使えるようになるかもしれないので、その時は来るもの拒まず精神でチャレンジしたいと思っています。

『私の手帳なのだから私の自由でいい』という結論

誰かに見せるを前提にせず、自分さえわかれば、自分さえ使い勝手良ければそれでいい。

そう

『私の手帳なのだから私の自由でいい』という結論に至りました。

だからこそ、楽しく続けていけているのだと思います。

迷ったり悩んだりした時に、365デイズノートが私をサポートしてくれている。

私の相棒の365デイズノートを使った、私のゆるバレットジャーナルについてまとめてみました。

何度も手帳に挫折した人や手帳ジプシーの方は、まずはゆるく自分なりのルールで楽しんでみてはいかがでしょうか。

私の相棒365デイズノート

シンプルで自由度の高い『365デイズノート』は手帳ジプシーだった私をすっかり変えて今ではなくてはならない存在『相棒』となりました。

Amazonでチェック

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました