クソみたいな毎日だけど、いつかまた会う時は笑顔で会いましょう

つぶやき

行ってきました、星野源ドームツアー2019 POP VIRUS千秋楽

本日はLIVEレポもどきの、ただの呟きです(笑)

スポンサーリンク

YELLOW VOYAGEに次ぐ2度目のライブ

2016年に開催されたYELLOW VOYAGEに次いで2度目のライブだった私。

今回もまた感動しすぎて、まだ自分の中で消化しきれず。

単純に好きという言葉では片付けられないくらい、いやもう「好き」だけでいいんじゃない?無駄に色々と飾りたてる言葉なんていらないんじゃない?が葛藤しています。


POP VIRUS (CD+Blu-ray+特製ブックレット)(初回限定盤A)(特典なし)

全公演終わったのでネタバレもOKなんでしょうが、正直・・・記憶が飛んでいる部分多々^^;

永遠にこの時間を忘れない!って心に誓っていたのに。バカバカ、私のバカ。

寸前で私はこのライブに行くことを辞めようかなと思っていた

今だから言うのですが、実は寸前で私はこのライブに行くことを辞めようかなと思った時間がありました。

個人的な事情で、今行くべきではないのでは?行ってる場合じゃないのでは?ととても悩みました。

今回のチケット、私は自分のイエパス(イエローマガジン購入者の特典)ではハズレてしまったのですが、友人のFujicoちゃんの同行者としてチケットが当選したんです。

どん底から天国へ行った当落発表の日。

だけど時間が経つにつれて、その時と少し事情が変わってきたこともあり、本当に本当に行くことを辞めようか迷ったんです。

ま、その辺のごちゃごちゃを伝えたいわけではなく。

結果・・・

行って良かったと素直に思ったわけです。

クッッソみたいな毎日だけどいつかまた会う時は笑顔で会いましょう

そんな感じで行ったこともあったので、最後の『Hello Song』で源くんが

 

クッッソみたいな毎日だけど
いつかまた会う時は笑顔で会いましょう
(正確には違うフレーズだったかも)

 

声を枯らし、涙声(に私は聞こえた)で絶叫したあの言葉が、本当にガツンと胸に突き刺さったんです。
(今まで聞いたことがないような、源くんの叫び声でした)

泣くわけないと思っていたLIVEで、あんなに泣いてしまう自分にも正直びっくり(自分に引きました)
いい歳こいた女が、若い子のように泣きじゃくるなんて気持ち悪いですけどね(笑)

楽しみにしていたLIVEは終わってしまい、何もかもが抜け殻状態です。

そして・・・

今回たくさんの源友ちゃんたちと会うことができました。
人見知りの私が、初めて会うみなさんとあんなに楽しい時間を過ごせるなんて。

また、今回実際に会えなかったけど、お土産を託してくれた源友ちゃんもいてくれたし。
どうしても都合でLIVEに参加できなかった方も・・・
いろんな意味でみんなを近くに感じることができました。

サヨナラする時は涙しちゃったけど、いつかまた会う時は、笑顔で会いましょう。

やっぱり星野源という人に感謝してもしきれないです。
源友ちゃんとの出会いに感謝 (←)これネ(笑)

ぞじで、ぞじぜ・・・
Fujicoちゃん、一緒につれて行ってくれてありがとう。

いつかまた会う時は、笑顔で会いましょう

はじまりは、終わりに向かい
終わりはまた、次のはじまりに向かう。

そう。前回の『YELLOW VOYAGE』の時に寺ちゃんが口上言っていた(ような気がする)この言葉の通りで、何かの始まりはすでに終わりに向かってはいるけれど、それが終われば次のはじまりに向かっているはずだから・・・。

いつかまた会う時は、笑顔で会いましょう。

(これが元ネタかどうかは、今の所不明だけど・・・おまけ)

 

星野源のLIVE未体験の方は、映像(DVD/Blu-ray)が出ているのでぜひ見ていただきたいです。

Live Tour “Continues” (通常盤)[Blu-ray]


Live Tour “YELLOW VOYAGE” (初回限定盤)


ツービート IN 横浜アリーナ (通常盤) [Blu-ray Disc]


STRANGER IN BUDOKAN (通常盤) [Blu-ray]

つぶやき
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
この記事を書いた人
sai
sai

昭和、平成、令和と生きながら、フリーランスでいくつかの草鞋を履いてお仕事しています。
何度もいろんな手帳術を試した結果、映えない手帳が一番使いやすいというところへ落ち着きました。

saiをフォローする
365Daysnoteで365日を暮らす

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました