当サイトでは一部の商品紹介にアフィリエイトプログラムを利用しています。

レコードライフを楽しもう!揃えておきたいアクセサリーまとめ

音楽

私の周りで急激にアナログ熱復活!!いやむしろ自分自身がそうですから。

スポンサーリンク

なぜレコード熱が再燃したのか

ここで何度も書いたことありますが、とにかく若い頃はアナログしか聴いていなかった時期がありました。テレビもほぼ見ず(このテレビっ子の私が)音楽三昧でした。

それが、実家に帰ってきてからはほとんとレコードに触れることが無くなってしまいました。もちろんプレーヤも触らず。

めっきりデジタルの音とばかり触れるようになっていました。

それが悪いとは思っていません。だけど、アナログを忘れていた自分がなんか情けなくなってしまったんです。

あんなに大好きだったくせに・・・。レコードもダンボールに入ったまま。

ごめんね、レコードたち。

で、この数週間なぜ急にレコード熱が上がったのかというと、これもまた最近よく話題にしていた星野源の2枚の重量盤が販売されたから。

プレーヤー持っていなくても買っちゃう人続出でしたものね!(笑)でも、それでもいいの!!

この源くんのアナログきっかけで、レコードに触れる人が増えるといろんな面でいいことある!!

アナログ市場が賑やかになると、関連アクセサリーも入手しやすくなるしね。

ということで、レコード買った、プレーヤー買った。
さて、次は何が必要か!
というとやっぱりその関連アクセサリーです。

みんな結構後回しにしちゃうからね〜。

後回しにせず、ぜひこの機会に揃えといてください。

揃えておきたいレコード周りアクセサリー

レコードクリーナー

まずはこちら。

どんなに面倒くさがりでも、やはり最低限のメンテナンスは必要です。アナログとはそういう風に手間をかけることも楽しみの1つだったりします。

こちらは乾式のレコードクリーナー

針・カートリッジ。

これはご自分のプレーヤーによって変わってきますが、プレーヤーの種類によっては入手が難しいいものがあります。

予備として最低でも1つは持っておいた方が良いです。あれ?これは自分に言っている?!(笑)

最近アナログデビューした人はこちらのプレーヤーを使っている方も多いようですね。

見た目もお値段も可愛い♪

だけど、要注意。これ、結構な確率で壊れやすいです。壊れたら修理すれば良いと思うかもしれませんが、実はコレ修理代の方が高くなりますので念のため^^;(私の周りで3名同じ経験者います)
取り扱いには十分注意してくださいね!

IONの専用針はこちら

私と同じSL-1200MKシリーズを入手したい方。残念ながら新品では多分無理です(> <)

が、しかし。中古で状態の良いものもあります。というか、SL-1200MKシリーズは本当に壊れ辛い。(これマジ)

高いけど、大切に取り扱えば大げさに言えば一生もんです。
だから私はSL-1200MKシリーズをおすすめします。

そして、SHUREのカートリッジを使っている方はこちら。ジェネリック(代替メーカー)です。

純正はもうほぼ入手不可能ですし、あってもとても高価です。

続いてオルトフォンのカートリッジに変えた方はこちら

針はこちら

番外編:あると便利な専用棚

そして、長年レコードと生活(途中浮気していますが)している私自身が必須アイテムだと思っているのが、レコード棚。

素敵なジャケットは飾っておきたい・・・のですが、レコードって曲がります(うねります)ので注意が必要です。

市販のカラボでレコードにジャストサイズのものはありません。専用として売ってあります。

とりあえず段ボールとか、とりあえずカラボという方もいるでしょうが、もし10枚レコード買ったならぜひとも専用の棚をレコードのために用意してあげてください!

メーカーによって様々ですが、LPサイズのレコードが100枚〜入るものもあるようです。

私はこちらの棚ではなく、ManhattanRecords(マンハッタンレコード)で買った棚をいくつか重ねて使っています。また最近レコード増えていきそうな予感だし、現時点でちょっと足りないので買い足し予定です。

という感じで、ひとまずこれあると良いよ!なアクセサリーをまとめてみました。

レコードが今後増えていきそうな方は、その他にもあると良いものありますが、今日はこの辺で!!

楽しいvinyl LIFEを送りましょう!!

音楽
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
この記事を書いた人
sai
sai

昭和、平成、令和と生きながら、フリーランスでいくつかの草鞋を履いてお仕事しています。
何度もいろんな手帳術を試した結果、映えない手帳が一番使いやすいというところへ落ち着きました。

saiをフォローする
365Daysnoteで365日を暮らす

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました